荘内銀行はどんな銀行か?

荘内銀行はどんな銀行か? > 荘内銀行とインターネット専業支店

荘内銀行とインターネット専業支店

荘内銀行ではインターネット専業支店「わたしの支店」を開設して、営業エリアである山形県内のみならず、全国から個人顧客を獲得するための試みを行っています。この「わたしの支店」は、実際にその名称を掲げている店舗が建物として開設されているのではなく、インターネット上でのバーチャルな支店と位置付けられています。

そのため、土地も建物も、運営のための人材も不要な分、インターネット支店ならではの金利の高い定期預金などが提供されています。荘内銀行でも同様で、インターネット支店専用定期預金や普通預金があり、預け入れると、一般的な有人店舗の店頭表示金利に対し、プラス0.02%程度の定期預金金利の加算がしてもらえるメリットがあります。また、インターネット支店であることもあり、通帳は発行されませんが、インターネットバンキングサービス「しょうぎんダイレクト」を利用すれば、24時間インターネット経由で預金残高等の確認が可能となっています。

そして、インターネット支店のサービスは、すべて無料で利用することができます。別の金融機関では口座維持手数料などが求められる場合もありますが、荘内銀行の場合はそのような費用の請求はありませんので、開設した口座を頻繁に使わなくても問題がありません。なお、インターネット支店と荘内銀行の既存有人店舗にある預金は、それぞれ移動もできますし、インターネット支店関連の手続きは、インターネット経由のみならず、荘内銀行の既存有人店舗に出向いて手続きを行うことも可能です。

これらのサービスは、ソニー銀行やジャパンネット銀行、それに新興勢力ともいえる楽天銀行などのネット専業銀行の預金サービスに比べてもそん色のないものです。他の地銀よりも突出している各種サービスを利用しない手はないと思います。